競技人生が交錯する90分。

勝負の世界と言うのは皮肉である。

今日のチャンピオンズリーグ準決勝2試合目、ユベントスはレアル・マドリードを合計スコアで撃破し、見事に、そしてしたたかに、12年ぶりとなる決勝に駒を進めた。
伝統の白と黒のストライプではなく、2年前のレアル・マドリードのアウェイユニフォームを彷彿させるブルーのAWAYユニフォームを身にまとい値千金の1点を奪った背番号9は、マドリードの下部組織で抜群の成績を残し17歳で当時のモウリーニョがトップチームに昇格させたが、出場機会を見出せず、機会を求めユベントスへと昨年夏に移籍した。ちなみにモラタは第1戦でも試合を動かすゴールを決めている。

スペイン代表の前線の未来を担うこの22歳だけではない。サイドライン際を躍動した33歳のエブラも、マンチェスターUから峠を超えた選手として、モラタと同じく今シーズン前にユベントスに新天地を求めた。そのマンチェスターUはチャンピオンズ・リーグの舞台にすら立てていない。

ユベントスの、そしてイタリア人の永遠のアイドル、ロベルト・バッジョ、デルピエロと、今では肩を並べるほどファンから崇拝される背番号10の小柄なアルゼンチンストライカーも、マンチェスターシティから問題児として2年前に放出された。100億円の価値があるとして連日移籍の噂が絶えないフランスの若き才能ポグバも、マンチェスターUで陽の目を見ずに、3年前の19歳の時にビアンコネロのユニフォームに袖を通し、一気に開花した。遡れば、中盤に君臨する至宝ピルロも、ミラン在籍当時、監督と折が合わずにユベントスへと移籍した。言うまでもなくその監督とは、アッレグリ。今シーズン開幕直前にコンテが突然辞任したことから、ACミランを解任されフリーになっていたので横滑りの格好で急遽就任したが、蓋を開けてみればユベントスを決勝に進めた立役者である。

一方のレアル・マドリードは、選手の能力を数値化するゲームでもあるとすれば、今年もチャンピオンズリーグを制覇していたかもしれないが、大金を叩いてかき集められた白い巨人は、結局PKで得た1点しかあげられなかった。クリスチャーノ・ロナウドは明らかに焦りと苛立ちから精彩を欠き、昨年の今頃はチャンピオンズリーグ決勝でゴールを決めその地位を確実なものにしたかと思われたベイルは連日のブーイングで完全に自信を失っており、昨年のW杯で一躍スターとなったハメス・ロドリゲスはユベントスの守備陣に完全にシャットアウトされた。

ユベントスを率いていた頃、セリエAで2位が続きシルバーコレクターと比喩されたカルロ・アンチェロッティは敗退を告げるホイッスルの瞬間、何を思っただろうか。トリノの地を去った後、ビッグクラブを渡り歩き名将の地位を着実に築いていったアンチェロッティだが、ユベントスはその間、カルチョスキャンダルにより2度の優勝(スクデット)剥奪と、屈辱的なセリエBに降格させられた。まさにどん底から這い上がり、12年の時を経て欧州最高の舞台に帰ってきたのである。元監督である、名将アンチェロッティの前で、マドリード育ちのモラタのゴールによって。逆に敗戦監督となったアンチェロッティは果たして来期、サンチャゴベルナベウの指定席に座っているだろうか。

試合の結果というのは、ピッチに立つ選手の能力値だけでなく、選手と監督の競技人生が交錯し、それぞれの意地と執念が個々の能力を時に爆発させ、それが結果的にチームの総合力として最終的なスコアボードに表れることを今日の濃密な90分が改めて教えてくれた。結果は選手と監督の新たな査定となってその後の競技人生をいたずらに左右する、世界最高峰とはまさにシビアである。

6月6日の決勝はバルセロナが有利である。あの完成度は、グラルディオラが作った黄金期とはまた違う、新たなサッカー史を作り出している。しかし18年前、ユベントス絶対有利と言われたチャンピオンズリーグ決勝で、ドルトムントがユベントスを破ったのを思い出す。間違いなく言えるのは、ドラマチックでスペクタクルな90分。ただそれだけである。

サードウェーブ系男子って、茶番か。

先日、この記事を偶然読んで、
ネタ化される「上質な暮らし」と盲信する「サードウェーブ系男子」

なんて痛快なんだと思ったので、このテーマについての解釈を私見たっぷりに書こうと思います。

まず初めに、この記事とか、まじ茶番ですよ。今付き合いたいNo.1「サードウェーブ系男子」の特徴5つ

こう書くと、ブルーボトルコーヒー(表参道店)でコーヒーを淹れている知り合いのバリスタに怒られそうですが、
New Balance履いて、GORE-TEX着て、ブルーボトルコーヒーに並んでいるタイプは、俺は信用できません。

そもそもスタバじゃ満足できなくて、美味しいコーヒーが飲みたいんであれば、清澄白河まで行って2時間も並ぶ必要ないわけですよ。ラテアートの雄STREAMER COFFEE、代々木のFUGLEN、池尻大橋のGOOD PEOPLE & GOOD COFFEE・・・どこも東東京から遠いって?ALLPRESS ESPRESSOは既に1年以上前から清澄白河にありますよ。

GORE-TEXも好きですよ。いくつかシェルジャケット持ってますけど、中でもArc’teryxのGOREはシームテープがダントツ細いし、パリッとしてるからジッパー開けても襟が立ちやすいんだよねって。まだArc’teryxが日本に正式上陸する前、Beams原宿店の奥の方にひっそり陳列されたあった頃からファンです。

サードウェーブ系のコーヒー、ここポートランドではスタバの数より多いですから、毎日お世話になってますよ。(でも誰もこっちではサードウェーブ系なんてみんな言ってないけどね)

だから全部、好きですよ。奴らより、好きな自信ありますよ。

なんで信用できないかって、僕にはね「サードウェーブ系」は、「タチの悪い草食系男子」にしか見えないんですよ。
たちが悪いと、形容した理由は、何事も“置き”にいっている(失敗のリスクを極めて排除するスタンス)という意味合いです。

そもそも外見や商品写真をパッと見ただけではなかなかプロダクトの良さが分かりづらいNew BalanceやGORE-TEXがここ数年流行った理由はですね、男性ファッション誌『BEGIN』のブームとリンクしているんですね。『BEGIN』といえばいろんなものの蘊蓄がたくさん載っている雑誌ですね、だからファッション誌というより、アイテム誌と言った方が正しいかもしれません。

いまから2-3年くらい前がたぶんピークだったと思うんですけど、男性ファッション業界は、誰のBlogに載せるよりも、どのweb記事に載るよりも、BEGINに載ることが完売への方程式だったんですよ。
『BEGIN』がよかった(今はネタ切れ感があるので、あえて過去形にしてみる)理由は、ファストファッションブームが一段落した頃に「ちょっと他の人と違うのが欲しいな、だけど何個もは買えないから、「鉄板」プロダクトをひとつ買いたいな」という需要を見事に掘り起こしたんですね。この手のアイテムの背景や蘊蓄は、男心をくすぐるわけですよ。

New Balanceの1300の再ブームが起きたのも、Arc’TeryxのArrow22が爆発的にヒットしたのも、『BEGIN』が火付け役ですよ。(で、今は『POPEYE』に流れてるわけですから、言ってしまえば、タチの悪いシティボーイ増殖中!?)

でね、これって言い換えてみると、個性の埋没ですよ。
失敗しない選び方だもん。家電を「価格.com」で事前に調べて買うのと同じ。だから購買導線が今っぽいといえば今っぽいんですよね。

もっともらしく言えば、マーケティング理論の通りです。マスマーケティングのAIDMAからAISASに、と唱えたのは他でもない電通さんですが、まさにその通りですよね。(SIPSについてはまた別の議論があると思うのでここでは割愛しますが。)

http://smmlab.jp/?p=18627

http://smmlab.jp/?p=18627

ただもっと極端な言い方すると、判断基準が教科書(雑誌)なんですよね。雑誌が一方的に悪いということじゃなくて(僕はもともとGET-ONが愛読者だったくらいだから、雑誌大好きですよ)、モノを買うときの意思決定が、実物見てこれ欲しいぁ!(欲求)じゃなくて、蘊蓄見てこれいいみたい!(検索)っていう男子が大量生産されてるわけですよ。

タチの悪い草食系男子」と書いた理由はまさにそこで、草食系男子って、自分からガツガツいかないとか、オタクとか、そういう男子の総称だったと理解しているんですが、彼らの中にはものすごいこだわりある人とかいますよね、音楽にめちゃくちゃ詳しいやつ、アニメ・ゲームにめっちゃくちゃ詳しいやつ・・など。だからその分野においては、肉食系も誰も勝てない訳ですよ。(肉食系と草食系どちらがいい悪いという議論じゃなくて)
だけど、たちの悪い草食系男子、みんな同じ格好したサードウェーブ系男子は、全部平均点以上を装っているだけで、何も価値観や判断基準が上質じゃなかったりはしないかと言いたい。

別に誰に向かって言ってる訳でもないのですが、そんな集団の中から、キミが憧れているスティーブ・ジョブズは絶対に生まれないし、キミがソーシャルメディアで得意げにシェアしているキミの座右の銘「Stay hungry, Stay stupid.」から一番遠いのはキミと、一緒にブルーボトルコーヒーに並んでいるキミの友達だよと。

こんな同世代(
2020年の東京五輪の後に30代半ばを迎える)が、日本(東京)に蔓延しているとしたら、これは日本(東京)男子の弱体化につながりかねない結構厄介な問題であると、ポートランドから誰も見ていないブログで声を大にして言いたかったのでした。

The war of knit boots

Two days before the UEFA Champions League quoter final 2nd leg, Adidas unveiled the new knit football boots - Adidas Primeknit 2.0 with the same out-sole with F50. It looks way better than the first Primeknit football boots called the Samba Primeknit in 2014 however their product quote 'the best fitting football boot in the world' sounds a over exaggerated for me.

Three years ago right before the London Olympics 2012, Adidas experimentally launched the first Primeknit running shoes following the Nike Flyknit Racer. However, it was obviously ell-quipped. 

As of now, Primeknit collections don't make their business. But, today we saw that several Adidas players were wearing these latest knit boots at the most important match for them. 

The biggest competitor for three stripes, Nike is currently challenging high-cut design with the silo of Mercurial and Magista in football boots business. On the other hand, Adidas decided to continue to keep pushing classic low-cut design. Although the Primeknit 2.0 will be dropped only 10,000 pairs as the exclusive boots, it's worth to see how these low-cut design knit boots make an impact in the market and competitive athlete world.

Value

It’s one of the thing I’m interested in thinking further since I came to this old town in the west coast.

If you walk around this town, you can easily find the coffee shop. However, you can’t find a coffee chain (franchise) shop except the most worldwide coffee shop from Seattle, Starbucks. All other coffee shops are running individual business with quality selected beans that is called “3rd generation coffee”. It seems this word is pretty topic in Japan especially around Tokyo like the incredible movement when iPhone was debuted once Blue Bottle coffee launched shops. But here, nobody is talking the word as this is already local standard. 

On the other hand, it’s pretty difficult to find great Japanese and Chinese restaurants honestly. So if someone are able to establish authentic Japanese or Chinese food place here, he/she most likely gets the success. But if you establish the coffee shop here, it would be pretty competitive even if your quality is nice average. 

This is value. Always, in the business, this key factor is one of most important facet since a long time ago.

Interesting thing is that this notion is not only in the company business. 

I’m also exploring to find/define my value everyday since some my strong points in Tokyo were not value here; client relationship, confidence from internal and external local partners, understanding about local sports and (street) culture, etc. It seems like a sports. Athlete always competes  - how to find the benefit what only I can provide to the team for getting the win.  

Value.   

For making opportunity, building confidence, establishing relationship, the thing we need to pursue is one of the important facet for not only company business.

New Balance challenges football

2014-2015 global football (soccer) season is gradually facing he climax over next eight weeks. 

Speaking about next season might be a bit premature, but we will see some changes at the 2015-2016 season as we will lose three great partnerships with popular clubs.  Man.U will walk with three stripesPSV will wear double diamond and Celtics will choose the newcompetitor for us, New Balance.

New Balance taps into football business

Today, I want to mention about New Balance. Technically, traditional American running footwear brand owns Warrior Sports who signed a $39 million a year deal to sponsor Liverpool for six years. So probably I should say New Balance/Warrior Sports. As you may recognized so far, they have been aggressively making contracts with some good players including ex-Nike and ex-Adidas players who are playing in England premier league, and all of them are wearing the new boots that has a big visible N logo in recent games. 

 

This chart in the article by Boston Globe was interesting for me. Nike and Adidas globally earned 65% business share in Football equipment market in 2014, but in other words there's still other 29% white space other competitors are eating part of pie. 

Honestly making a success in Football business seems difficult. Reebok attempted to join with legendary Argentina striker, Gabriel Batistuta and Manchester's star Ryan Giggs, and FILA also tried with Japanese giocatore, Hidetoshi Nakata almost ten years ago, but eventually both of them failed.

But New Balance has better manufacture than Reebok and FILA at least in running category, and they seems pretty popular as sports/street culture in British and European market. As of now, I think they have some advantage than another upcoming competitor, Under Armor who signed Tottenham Hotspur. That said, although it's most likely impossible to be immediately a big competitor with Nike and Adidas, I think they have a chance to be like existing Puma around WC2016 if they are able to continue to strategically spend their passion through product innovation and budget.